スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックテーマ 第1493回「とっておきの【怖い話】教えて下さい…!」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です(^v^)/今日のテーマは「とっておきの【怖い話】教えて下さい…!」です!夏といえば「怖い話」ですよね…!最近テレビでよく怪談特集をしているのを見かけます怖い話が大好きな加瀬は、この季節、ウキウキドキドキしながらテレビを見ちゃいます!みなさんは、自分が体験した怖い話や、人から聞いた怖い話はありますか?加瀬は、金縛りによく遭うのですが、一度、金縛りに遭っ...
トラックバックテーマ 第1493回「とっておきの【怖い話】教えて下さい…!」




テレビかどこかで聞いた話なんですが、今もゾッとする話を一つ。
少し曖昧なところもありますが;


…  …  …



A子は20代でとある会社のOLです。
ある日、実家から離れて暮らしている彼女のもとに母親から電話がきました。
内容は親戚の男性が亡くなったとのこと。
A子は後日お通夜に出向きました。
しかし彼女は不思議と悲しくありません。なぜならこの男性とは幼い頃に数回あっただけで、それ以降の交流がなかったためでした。記憶も曖昧で、電話があるまで忘れていたと言ってもいい程です。
ですが、母親はこの男性が昔色々な贈り物をしてくれたと言います。
そういえば彼女は以前に(といっても幼い頃でしたが)バレエを習っていました。
その時のバレエシューズもその男性が送ってくれたものでした。

彼女はその話を聞いて目頭が熱くなって今まで忘れていたことを後悔し、
「ごめんなさい、それからありがとう」
と、今は亡き男性の遺影に向かって涙を流しました。


それから数日が経ったある日のこと。
仕事を終え、自宅に帰ってきてA子は疲労のためかそのままベッドに倒れ込みました。
その時、夢のなかで男性と会ったのです。
真っ白な空間のなか、その男性はA子の足にしがみつきました。
A子は驚いたものの、男性の口が動いていることに気付き、そして何かを言っていると感じました。

「――て、――て」

最初の方は掠れていて、何を言っているのか全く分かりません。
しかし彼女は思いました。もしかしたら「踊って」と言っているのかもしれないと。
ですがA子は既にバレエを辞めています。それは足の怪我のためでした。

「おじさん、ごめんなさい。私もう踊れないの」

A子は何度もそう言いました。
それでも男性の「――て、――て」と、彼女を見開いた目で見上げながら何かを訴え続けています。

不思議に思い、よく耳を澄ませてみました。

「!?」

血の気が引いた彼女は男性を突き飛ばしました。
そこで夢から覚め、ベッドから飛び起きた彼女の体は、全身汗だくでした。


男性はこう言っていたのです。


「死ぬのを代わって」


と。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

*Ef*

Author:*Ef*
えふらいふへようこそ!
当ブログ管理人の*Ef*と申します。
ニコニコ動画で底辺歌い手やっています。
基本的に歌うこと、ゲームが大好きです。
歌ってみたを聴いてくれると跳んで喜びますw

mylist/20331040
Twitter⇒ef_life04



web拍手 by FC2



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

彩兎ーirotoーのブログ

『に~こにこ どぉ~がぁ~♪』うたってみ、た?(`・ω・´)

kyonpeの秘密基地
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。